トップ / 電話の印象を良くするトーン

電話応対を秘書代行に

電話の印象を良くするトーン

印象が決まるのははじめの6秒間

電話対応の印象アップの秘訣は、奇をてらうことではなくマナーを重視した基本的なビジネス会話を心掛けることです。明るく礼儀正しい話し方を心掛け、好印象を持ってもらえる電話対応ができるようになりたいものですね。そのためには、電話の印象を良くする話し方、好印象を与える対応ポイントがいくつかあり、下記にまとめてみました。

■明るく親切な口調を心掛ける
明るく親切な感じの良い声の人が対応したというだけで、会社全体のイメージがアップする、ということがあるものです。ビジネスでの電話応対に暗く冷たい対応は禁物です。電話応対は親切さと不快感を与えないようにすることが肝心。明るさを感じさせる声と語尾を伸ばさない聞き取りやすさを考慮した話し方を心掛けましょう。電話対応においては「言葉」そのものも大切ですが、「話し方」が印象を大きく左右するのです。

■最初の6秒間が肝心
「人の印象が決まるのははじめの6秒間」の法則を知っていますか?心理学用語に「初頭効果」という言葉があり、「人の印象は、はじめて出会ったその瞬間の最初の6秒で決定する。最初に良い印象を持ってもらえれば、相手が抱く自分への印象はさらによくなり、逆に悪い印象を持たれてしまえば、逆に悪い方向に向かう」というものです。最初の第一声、第一印象がこれほど大きな影響を与えるという事実を肝に銘じて、感じの良い電話対応を心掛けましょう。

■高めのトーンで話す
普段より1、2レベル高いトーンの声を意識するくらいが「感じの良い」電話対応には大切です。なるべく笑顔になって電話に出ると、オフィスで不自然でない程度のちょうどよい感じの明るいムードの声を出すことができます。

Copyright © 会社にとって電話の対応は重要. All rights reserved.