トップ

電話応対を秘書代行に

会社にとって電話の対応は重要

個人ではなく組織全体が評価

電話応対が苦手な社員が多いため電話対応に特化した派遣社員やパートタイマーを雇っているという経営者は多いようです。しかし、確かに日常業務の一環としての電話対応は任せられるかもしれませんが、会社によい印象を与えるレベルの電話対応ができるスキルの持ち主を望むとなると、やはりそこまでの人材はなかなか見つからないようです。

毎日、何度となく鳴る電話への対応の影響は、積み重なれば非常に大きな影響を与えるものだということを理解する必要があります。たとえ社会環境が変化し、日常行う業務の大半がIT技術に依存してないようになったとしても人と人のコミュニケーションはずっとなくならないものです。

電話対応が難しい理由は、れっきとした人対人のコミュニケーションでありながら、お互い相手の「顔」が見えないことです。顔が見えない、声だけが頼りのコミュニケーションなので、知らず知らずのうちに全神経が相手の話し方に集中するようになり、その結果として電話応対の印象は非常に強く残ります。

つまり、初めてあなたの会社に電話をかけた未来の顧客候補が受けた電話応対時の印象は、あなた会社の企業イメージに直結するものなのです。最初に受けた電話の対応の仕方如何によって、会社そのものの良し悪しを決定してしまうインパクトがあることを理解しておく必要があります。

重要なことは電話対応を行った「その人個人」ではなく、あなたの会社「組織全体」が評価されるという事実です。電話一本で会社の未来が決まってしまうかもしれない可能性を見据え、たかが「電話対応」と軽んじて考えることなく、しっかりと従業員に電話対応の教育を行い、そしてあなた自身が電話対応に真剣に取り組むことが大切です。

Copyright © 会社にとって電話の対応は重要. All rights reserved.